アポクリン腺から汗が分泌する原因とは?

アポクリン腺から汗が分泌する原因について解説しています。ワキガでお悩みなら参考に!
MENU

アポクリン腺から汗が分泌する原因

脇から強い臭いが発生してワキガになってしまう原因はアポクリン腺から分泌される汗と言われています。アポクリン腺から分泌される汗は皮脂などが混ざり合って酸化してしまってる汗なので強い臭いが発生してしまうのです。また汗の質も脂分が入っていてすごくベタベタしているのが特徴でしかも黄色く濁っています。そのためワキガになってしまうと着ている服が汗で黄ばむ事が多くなってきます。ワキガを予防するにはアポクリン腺から分泌される汗を抑える必要があります。そのためアポクリン腺から汗が分泌する原因を見ていく事にしましょう。

 

まずアポクリン腺から汗が分泌する原因といて挙げられるのが思春期の時の体の成長です。思春期の時に体が成長するとともにホルモンバランスが乱れてしまう事があります。ホルモンバランスが乱れてしまうとアポクリン腺が活発になってしまって汗が分泌してしまいます。そのため思春期の頃にワキガの症状が出る事が多いです。

 

次にストレスを溜め過ぎてしまってもアポクリン腺から汗が分泌してしまいます。ストレスを溜め過ぎてしまうと体が自然と緊張している状態になってしまうのでアポクリン腺が活発になってしまいます。そのためアポクリン腺から汗が分泌してしまいワキガの症状が出てしまいます。

 

ワキガに関する知識を得ておくこと

 

夏本番ともなっていきますとそこまで腋汗に関してそんなに困っていなかった人もどんどん困ることがあります。どうすればよいのか、といいますとまず、腋から汗が出る、というのは仕方ないことであると容認することです。心情としても許容するのが大事になります。そうすれば心穏やかに過ごすことができます。かなり気にしている人もいますが、対処をすれば抑えることは十分に可能になります。腋汗というのは、誰でも少なからず出してしまう物です。汗自体はそんなに悪いことではないです。

 

むしろ、体温調整として非常に重要な役割になっています。ですが、そこから臭いが発せられるようにもなってしまうことでもあります。そこでお勧め出来るのが制汗スプレーになります。他にも薬用クレームを使うのがお勧めできます。これで臭いをかなり抑えることができますから、まずはしっかりとやってみることです。そうすれば臭いを緩和できるようになります。ワキガとは体質になりますから、仕方ない部分も多いでしょうがそれでも対策はできますし、するのが常識です。そうすれば安心して、行動ができるようになります。それこそがワキガで悩んでいる人にお勧め出来る行動といえます。

 

このページの先頭へ