脇汗によるシャツの汗じみについて

脇汗によるシャツの汗じみについて私の経験と体験をご紹介します。
MENU

脇汗によるシャツの汗じみについて

 

暑い季節になると、スーツの上着を脱いで過ごす人が多くなります。そうすると目立つのが脇の汗じみ。男性のシャツはまたよく目立ちます。会社でも「あの人すごい脇汗だな」とか、つい注目していました。というのも、私自身が自分の脇汗をすごく気にしているからです。私は女であまり汗かきではありません。けれど、なぜか脇汗だけは大量にかくのです。私の職場は女性もスーツ着用だったので、夏は自分の脇汗が気になって仕方がありませんでした。上着を脱ぐとシャツが脇汗で濡れているのが気になって、脇を隠そうとあまり手を動かさないようにしたり、不自然な動きをしていました。対策として、最初はトイレのロッカーに制汗スプレーを常備し、こまめにスプレーしていました。冷たくて気持ちよかったですが、汗自体はそれほど抑えられていないようでした。その後、ドラッグストアで汗取りパットという商品が売られているのを見つけ使ってみたところ、これがなかなかよかったです。私は服に貼りつけるタイプを使いましたが、このパットが脇汗を吸収してくれるので、脇汗をかいてもシャツに汗じみがつかないのです。それからは、夏場は毎日この汗取りパットをシャツの脇部分に貼って会社に行くようにし、堂々と上着を脱いで過ごせるようになりました。ただ、朝バタバタしていると、うっかりパットを貼るのを忘れてしまうことがあり、その日はまた脇を隠す不自然な動きをすることになりましたが…

 

脇汗が目立たない服装にしています。

 

私は脇汗がかなり出るので、脇汗が目立たないような服装にしています。
夏でも薄手の上着を着ることで、脇汗があっても目立たなくなります。

 

臭いがきつくならないように、食べ物に気を付けていますし、普段から運動を行い、なるべく汗をかくようにしています。
こうすることで、ベタベタな汗ではなく、さらっとした臭いの無い汗になります。
脇汗の量は自分では調節できないので、隠すしかありません。
特に色の濃い服を着ると、かなり脇汗が目立ってしまいます。

 

周りの人に脇汗を指摘された時は恥ずかしい思いをしました。
それ以来、かなり脇汗に気を付けるようにしています。

 

夏は可能な限り、汗をかいたら着替えるようにしています。
脇汗自体は臭くなくても、衣服に汗が付くと、それに雑菌が繁殖して臭くなってしまいます。

 

衣服に付いた汗のにおいは、時間が経てば経つほど臭いはきつくなってきます。
そのため、早めに着替えるようにしています。

 

汗の臭いは自分だけではなく、周りの人もかなり不快に感じてしまいます。
デオドランドスプレーなどを利用する人もいますが、臭いが混じってさらに嫌な臭いになることもあるので注意が必要です。

 

これからますます暑くなり、脇汗をかきやすい季節になるので、気をつけたいと思います。

このページの先頭へ